ニトスキでショートブレッド

大好きなポーリッシュ・ポタリー ( ポーランド食器 ) 、この頃は今池のピグマリオン商會で買うことが多いのですが、ピグマリオン商會のホームページのレシピの記事で気になるものを見つけました。

ニトスキ ( ニトリのスキレット ) を使ってショートブレッドを作るというものです。

バターが多いショートブレッドは生地がポロポロして、まとめて形を作るのが難しいのですが、この方法なら簡単そう!

作ってみました。

まだポロポロしている生地をヘラで押し付けるようにニトスキに敷き詰め、空気穴と切れ込みを入れます。

生地にバターがしっかり入っているので、ニトスキに油をひく必要もありません。

最後にメープルシュガーをかけてオーブンへ。

f:id:nekozanaruri:20180619000440j:plain

焼き上がりました。

f:id:nekozanaruri:20180619000800j:plain

ヘラで簡単に取れます。

でもサクサクなので注意しないと折れてしまいます。

f:id:nekozanaruri:20180619001320j:plain

粉は半分全粒粉、砂糖はきび砂糖を使いました。

サクサクしておいしいです。

このカッティングボードは先月、ピグマリオン商會で買ったもの。

大好きなカモミール柄です。

f:id:nekozanaruri:20180619004954j:plain

 

 

 

父の日は居酒屋メニュー

くまさんは私の父ではありませんが、娘たちの代理で父の日の宴。

f:id:nekozanaruri:20180618013842j:plain

くまさんの好物の刺身盛り合わせ、枝豆、生春巻き、トマトの豚肉巻き、ズッキーニの肉詰め。

このカテゴリーがバラバラなところが居酒屋っぽいですね。

トマトの豚肉巻きは、京都の居酒屋で食べたものを早速再現です。

カゴメのたまご形ミディトマト「サラダプラム」を豚バラ肉で巻き、小麦粉をまぶして揚げ焼き、照り焼きダレを加えて絡めます。

京都で食べたものの方が赤が鮮やかだった気がしますが、かなり近いものができました。

半分に切ったものが一口で食べられるサイズ感がいいです。

f:id:nekozanaruri:20180618013616j:plain

ズッキーニの肉詰めは、イタリアでは前菜としてよく食べられているものだそうです。

中をスプーンでくり抜き、ひき肉、パン粉、卵黄などとくり抜いた中身を刻んだものをよくまぜ、ズッキーニに詰めてオーブンで焼きます。

f:id:nekozanaruri:20180618014851j:plain

仕上げにオリーブオイルをかけるとイタリアン〜

 

パンチェッタでカルボナーラ

今月初めに仕込んだパンチェッタを使ってカルボナーラを作りました。

パンチェッタのレシピが載っていた本「放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる」によると、アクマ的においしいカルボナーラが作れるらしいのです。

本ではスパゲティを使っていましたが、夕食なのでつまみやすいショートパスタにしました。

パンチェッタは薄切りにしてニンニクとカリッと炒め、粉チーズは卵と混ぜておきます。

茹でたてのパスタをパンチェッタに加えさっと炒め、卵とチーズに絡め、黒胡椒をかけてできあがり。

生クリームを使わず粉チーズをどっさり使う、ベーシックなスタイルです。

パンチェッタのおかげでとても本格的な味です。

大阪の姉にも少しお土産でもって行ったのですが、おいしいと喜ばれました。

パンチェッタはリピート決定!

f:id:nekozanaruri:20180617011223j:plain

 

大阪/難波で買い物

姉の家からの帰り、難波から近鉄に乗る前に ちょっと寄り道。

駅から歩いてすぐ、1933年創業の「華風料理 一芳亭」へ。

こちらの「しゅうまい」が有名とのことです。

f:id:nekozanaruri:20180616010345j:plain

テイクアウトしてきてくまさんと。

f:id:nekozanaruri:20180616010604j:plain

しゅうまいが黄色いのは、皮が小麦粉ではなく薄焼き卵を使っているからです。

中身は豚ミンチ、エビ、淡路島の玉ねぎを使っているそうで、ふわふわの食感、甘くておいしいです。

f:id:nekozanaruri:20180616011556j:plain

他にも皮が薄焼き卵の春巻など、人気メニューがいろいろ。

いつか店内でも食べてみたいものです。

 

電車の時間まで少しあったので、なんばウオークを歩いていたらお客さんでいっぱいのパン屋さん「なんばグーテ」に遭遇。

種類が多くどれもおいしそうですが迷っている時間はなく適当に購入しました。

電車に乗ってから検索してみたら、1948年創業の「A-1ベーカリー」の系列店でした。

そう、確かこのお店があった場所は前に「A-1ベーカリー」があった場所。

若い時大阪へ行ったときよく寄ったお店だったのです。

懐かしい〜

チーズブロッケン、カレーパン、クリームパンなど、名前をメモする時間はなかったのですが…

f:id:nekozanaruri:20180616022812j:plain

 

 

 

 

京都でパン

京都へ行く時はいつも以前買った京都のパン本を持ってきて新しいお店に行くのを楽しみにしているのですが、今回はあまり行けませんでした。

それでも2店をご紹介。

一昨日新京極で見つけた今流行りのコッペパンと揚げパンの専門店「パンの田島」。

学校給食を意識しているそうで、ちょっとレトロな造りです。

朝食用に「あんマーガリン」一個だけ購入。

f:id:nekozanaruri:20180614145323j:plain

大きめのふわふわのコッペパンです。

調べてみたら関東に10店舗、それ以外で初めて新京極にこの春オープンしたそうです。

休みの日には列を作っているとか。

種類はとてもたくさん。

名古屋にも来るでしょうか?

 

娘の住まいの近くにあるので何度も利用している、今出川通りの「eze bleu」。

ひっきりなしにお客さんが入っている人気店で、おしゃれなパンですがお値段はリーズナブル。

1番人気というベーコンスパイスを初めて買うことができました。

他はハーブ入り白ソーセージの全粒粉パン、あんバターフランス。

姉の家へのお土産にとイチジクとカシューナッツの入ったパンオフリュイも。

f:id:nekozanaruri:20180614220646j:plain