冷蔵庫の片づけごはん

時々は冷蔵庫の中の片づけを兼ねたごはん作りをするようにしています。

お昼に自家製の鮭フレークとセロリの葉を入れた卵チャーハンと根菜・芋・豆スープを作りました。

スープの中身は玉ねぎ、人参、ゴボウ、サツマイモ、金時豆。

昆布だしに白味噌仕立てなので味噌汁なのですが、何となくミソ・スープと呼びたい気分です。

f:id:nekozanaruri:20171121010827j:plain

ホットワインで温まる

冬将軍がやって来ています。寒〜い!

急ぎホットワインを用意しました。

赤ワインにハチミツ、八角を入れて小鍋で温めます。

夕飯にはこれも冬の定番、ロールキャベツを作りました。

サラダは焼いたバゲットと野菜をさっと炒めたもののビネガーサラダ。

スキレットで焼いたオムレツは鮭、ほうれん草、シメジ入りです。

そろそろイチジクもお終いなので生ハムとの組み合わせをもう一度。

f:id:nekozanaruri:20171119222650j:plain

 

アジの干物

昨日くまさんが四日市の「ひもの食堂」へ寄って買い物をしてきました。

頭が取れかけたり、形が崩れたりしている、いわゆるアウトレット品のアジの干物が大小いろいろ20尾で800円。

f:id:nekozanaruri:20171118201310j:plain

大部分は冷凍保存したのですが、今日のお昼は早速アジの干物のペペロンチーノ。

魚をほぐすのは上手なくまさんに任せます。

ニンニクのスライスと赤唐辛子をオリーブオイルで炒め、ほぐしたアジを加え、茹でたパスタと和えます。

塩胡椒と醤油も少し加え、大葉の千切りをトッピング。

f:id:nekozanaruri:20171118201247j:plain

夕食には同様に焼いてほぐし、千切りの野菜と和えてマリネを作りました。

f:id:nekozanaruri:20171118202046j:plain

焼いただけでももちろん美味しい干物ですが、いろいろな使い方を試してみたいと思います。

 

 

 

 

アクアイグニスのお土産

くまさんが三重県菰野町の温泉、アクアイグニスへ行ってきました。

あの辻口シェフによるベーカリーとケーキのお店があって、前々から一度行きたいと思っていた場所です。

当然のようにケーキとパンのお土産がありました。

ケーキ屋さんは「コンフィチュールアッシュ」。

何とくまさん、帰って来たとき玄関でケーキの箱を落としてしまいました。

なので少々崩れてしまいましたが…

湯の山シュー、セラヴィ、栗のミルフィーユ。

セラヴィは辻口氏がかつてフランスの洋菓子コンクールで優勝した代表作だそうです。

f:id:nekozanaruri:20171118011917j:plain

ベーカリーは「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」。

天然酵母食パン、バゲット、クロワッサン、ブルーベリーとクリームチーズのデニッシュ。

f:id:nekozanaruri:20171118012703j:plain

夕食はパンが来ることを見越して、タコ、セロリ、トマトのマリネ/マグロのカルパッチョ/鶏肉のカタルニア風スパイス風味/タコとアスパラのアヒージョ。

f:id:nekozanaruri:20171118013105j:plain